2015年12月05日

今までやってきた単語学習


こんにちは、
いろいろ記事にしたいネタがあるのですが
ついつい更新が遅くなってしまいました。


この間、ツイッターで単語を今までどのようにして学習してきたかということについて質問を頂きました。
今回はそれについて記事にしてみます。


大学受験の後に話を絞りますと、
単語を集中的にやったのは大きく分けて4つの時期です。


1つ目が、英検準1級を受験したとき。
一次試験は2回受けているのですが、どちらの時期にもパス単をメインに使用しました。
パス単はかなりオススメの単語帳です。
英検受けない人でもやるべきだと思います。

自分なりに考えている良い単語帳の基準としては、

1.発音記号が載っている
2.索引がある
3.音声がある
4.例文がある


こんな感じでしょうか。
当たり前のようなことかもしれないですけど、
どれも大事だと思います。
まあ、例文に関してですが、たまにひどい例文使ってる単語帳もあるのですが、初めのうちはそんなの分からないですよね(・・;)


あと、語義がたくさん載ってたほうがいい、と言う人もいると思います。
僕はこれについては半分賛成、半分反対です。


単語帳は辞書ではないので、すべてを網羅できるはずがありません。
代表的な、使われる頻度の高い意味を幾つかカバーしていれば十分かなと思います。
あとは実際に使われてる場面に数多くあたっていくことで、イメージをつかめるようになるし、辞書を引いたりしていく中で覚えるものだと思います。


で、話を戻しまして、
2回目の英検の勉強のときには語彙イディオム500を使ってました。
これは単語帳ではなく、問題集です。
発音記号も載ってないので、正直使いづらいですが我慢してつかってました笑


で、次にがっつりしたのが本格的に学習を再開した去年の12月頃です。
このときは究極の英単語3を使ってました。
ちょうど英検準1の単語と1級の単語の橋渡しとなるようなレベルだと思います。

この単語帳は賛否両論あるみたいですが、
僕は思い入れがあります。このおかげで単語を勉強することにハマった感じです(^^)

ちょうど取り組んでた時期に、大学の授業で英米文学があって
ここで知った単語がいくつも出てきたんです。
単語帳で覚えたのを実際にお目にかかると感動しますよね??(*^o^*)


で、この単語帳の賛否両論の理由は覚えづらさなのかなと。
まず、数が多いのと、音源がないことです。
単語帳と辞書の中間みたいな感じですね。
この単語帳のあとに取り組んだのが究極の英単語4だったのですが、このシリーズは一貫してそういうスタイルです。


ただ、網羅性に関しては間違いないですし、最近は有料のアプリで音声が聞けるものが出ています、
このアプリは後になって知って、3と4を購入しました。
単語クイズが色んな形式でできるし、紙媒体の方にはなかった例文もカバーしてて、とにかく使いやすいです。


とりあえず、究極の英単語イチオシです笑


で、この後にもパス単1級、文で覚える単熟語1級、
TOEFL英単語3800を仕上げました。
最近はBasic Word Listという、洋書の単語帳を使いつつ、普段読んでる洋雑誌や洋書でわからなかった単語をノートにまとめるなどしています。
語彙サイズは、究極の英単語3を終えた段階で9300くらい、
この前10月頃に一度測ったときは17000くらいにまで増えてました(どちらもtestyourvocab使用)




単語帳の使い方ですが、僕はどんな単語帳でも2ヶ月である程度形にします。
ここでいうある程度の形とは、載っている単語の9割、見た瞬間に第一義が思い浮かぶことを指します。
まだリーディングにおいて使えるレベルで、リスニングや発信語彙としては十分でないイメージです。

その前に、自分が知らない単語と知ってる単語を振り分けることをします。
これは一周にはカウントしません。
覚える作業に集中するため、より効率良くするために、まずはこの振り分けの作業をものすごいスピードでします。ここでは覚えるということは意識しなくていいと思います。
1つでも覚えられたらラッキーくらいで。



で、そのあとに例えば3000の単語帳なら3つのセグメントに分けて、
しばらくの間はそのうち1つのセグメント専念してとにかく回す。
回数は決めないで、不安がなくなるまでなんども。
3つに分けた中でまたいくつかに分けるのもいいと思います。
これはあまり勉強時間がない人向けだと思います。


わりと時間にゆとりがある人なら、単語帳はそこまで時間をかけるべきではないと思います。
同じ単語帳を半年間ずっとしてるとしたらちょっと長い気がします。
もちろん、定期的なメンテナンスは必要ですけどね!
自分の経験を振り返ると、単語力が飛躍的に上がったときは短期的に集中して単語帳に取り組んだときだと感じます。


で、ある程度形になったら今度は自分でも使うことを意識してみる、
という風にしてました。例文を即興で作って声に出してみたり。
僕は単語カードを作った経験がないのですが、
書いて覚えるほうが自分に合ってる、と言う人はそっちでも良いと思います。
最終的には自分に合ったやり方を自分で見つけられるのが1番なので。
それがわからないうちは、色んな人のやり方を見て聞いて参考にして、試してみると良いと思います。



と、まあこんな感じですがかなり賛否両論ある気がしますね笑
またご意見お待ちしてます^o^
posted by yuuki at 11:41| Comment(0) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。