2015年11月21日

僕がこれまで行った学習リスニング編1


こんにちは。
僕の学習シリーズ第二弾です。笑

前回のリーディング編からだいぶ日が経ってしまいましたm(_ _)m



今回のリスニング編ですが、TOEICのリスニングではいまだに495点満点取れていないですし(最高490)
英検のリスニングでも34点中31点という点数だったので、参考になるか微妙です。


まだまだ僕自身が勉強中の身であるわけですが、やってきて良かったと思うこと、
力がついたと感じたメニューを書き記していこうと思います。



で、またこの前と同様に時系列順に追っていこうと思ったのですが、、、
使った教材を全部載せるのは大変だったので (ーー;)少しスタイル変えます。

今回はおおざっぱに3つの時期に分けて話を進めていきます。
分け方は、TOEICのリスニングスコアを目安にします。




まず、学習開始した去年の11月から、TOEICでリスニング435点だった1月までのおよそ2カ月間。
勉強しはじめの頃の自分のリスニング力がどれくらいだったかということからお話すると、
同じ年の6月に受けた英検準1級でリスニングパートが22点でした。


で、そこからリスニングの勉強は全くしていませんでした。
準1級を受けたことのある方ならわかると思いますが、悪い点数です。(ーー;)
高校時代からリスニングは不得意で、ばらつきがありました。


マーク模試では筆記がいつも9割前後で安定していたのに対して、
リスニングでは50点中最高でなんとか40点、ひどいときは25点くらいだったんです。



そんなところからスタートしていたので、初めはとにかく、聴く量を増やすことに専念しました。
主に使ったのはPodcastのBBCニュース、
英語上達マップでお馴染みの森沢洋介先生の、音読パッケージ上級編、
そしてTOEIC教材の、読解特急2スピード強化編です。


BBCは、初めはまるで呪文を聴いているような感覚でさっぱり聞き取れませんでした。
それでも、スクリプトは全く使わず、全部聞き取れなくていいから内容を理解することに
努めていました。

ただ、いきなりBBCは負荷がきつすぎたので、それから内容理解が既に十分されている文章を
聴くことがリスニング力アップにつながるということを知り、上記の2冊を徹底的にしました。


音読パッケージは、文章が英検準1級を題材としているのでスクリプトなしだとなかなか理解が大変でした。
そこで、1回、自力でどれくらい聞き取れるかチャレンジしたあとは、
リーディング教材としてわからない単語を確認して、文法構造もしっかり解析することをやり、
そのあとに何度も聴きなおす、という風にしていました。


また、読解特急に関しても、これは元々リーディング用教材ですが
単語と文構造のチェックが済んでからなんべんも読んだあとに、
リスニング教材として活用していました。


この2冊は使い方はまったく同じでした。
とにかく、何度も聴き、英語の語順のまま理解することに努め、
理解がついていけなくなったところで巻き戻ってまた聴きなおす、ということをしていましたね。


また、シャドウイングも行っていました。
音読パッケージ本ではリピーティングが勧められていたのですが、
はじめは負荷が高かったので、シャドウイングで代用していました。

これくらいやったからもういいだろう、ということにはせず、とにかく上記の2冊に絞って
特に回数をきめず何回も繰り返して音読しました。


この、内容理解がされている文章をシャドウイングする、ということが英語の語順のまま
聞き取って理解する力の基礎を作ってくれた気がしてます。


実はこの1月のTOEIC受験までに解いた模試は2回だけだったんですが、
12月頃に1回試しに解いた予想スコアが370だったんです。
このときに、「あれ?part3、4が前よりはっきり聞こえる」という感覚になりました。

それまでは短いpart1、2がかろうじて聞ける(と思い込んでた)レベルで、
パート3、4はまるでお手上げ状態だったんです。これは効果が出てきたぞと思いました。
そういうわけで伸びている実感があったので、迷うことなく続けることができました。



これはどの教材を使っても、やり方を同じようにすれば効果が出ると思います。
音読しないでリスニング力を向上されている方もたくさんいらっしゃると思いますが、
僕はシャドウイングおすすめします(^-^)





長くなりそうなので一旦区切ります。
この次はTOEICリスニング490までにしていたことを書きたいと思います!


posted by yuuki at 18:42| Comment(0) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。